お客様の声
TN様 契約書作成でのご相談

こちらの知識が足りない部分を、細かく1つ1つケアしていただき、安心して事を進め...

>> 続きを読む
その他のお客様の声
お客様満足度アンケート
コチラからご協力ください
事務所案内

行政書士田村通彦事務所

京浜急行新馬場駅北口徒歩5分
行政書士田村通彦事務所の地図
東京都品川区北品川2-8-3
03-3458-3508
事務所について詳しくみる

関連サイト

帰化申請

日本に住んでいる外国人が外国籍を捨て、日本国籍を取得する手続きです。

帰化申請の基礎知識

日本では二重国籍を認めていないため、帰化申請を行うと必然的に従前の母国の国籍はなくなります。母国での生活に支障をきたす可能性もあり、また、子供や家族にも様々な影響を与える可能性があります。申請に当たっては「単に便利だから」などの単純な理由で申請を行うべきではありません。帰化許可申請後、法務局による面接などを経て、許可されるまでには1年程度かかります。

帰化の要件

帰化申請の取得については以下の条件があります。

  • ・5年以上日本に住所を有する人に限ります
  • ・20歳以上
  • ・素行が善良
  • ・生計を営むことが出来る
  • ・帰化によって元の国籍を失える
  • ・日本を破壊する思想が無いこと
  • ・日本語の読み書きOK

留学期間を有している人は就職して3年経ったら申請することができます。ただ留学期間が長期に渡り、日本の在留期間が既に10年以上の場合はすぐに申請可能です。

帰化についてよくある質問
帰化の申請を考えているのですが可能でしょうか? 私は留学生として来日して4年、現在「投資・経営」VISAで2年経ちました。帰化の申請を考えているのですが可能でしょうか?

帰化は5年以上日本に住所があれば申請できます。 しかし「留学生」VISAで5年間日本にいても申請できません。

留学生はあくまでも帰国を前提としているVISAだからです。したがって「留学生」VISAで来日した人は就労VISAを取得してから3年以上経過してから申請したほうがいいでしょう。

この他のケースの帰化申請についても無料相談を承っております。
ご相談をご希望の方はTEL03-3458-3508またはお問い合わせフォームからご連絡ください。

専門家に依頼するメリット

帰化申請手続きは、通常のビザ手続きとは異なり、申請人の住居を管轄する法務局にご本人が(代行不可)申請を提出します。また、本国からの各種証明書の取り寄せたり、膨大な量の書類を提出しなければなりません。

豊富な経験

仕事として多くの経験を持つ行政書士の方が、申請のコツや法務局の考え方などを熟知しているため、許可となる可能性は高まります。

申請後も安心

帰化申請は申請書の提出以外にも、国籍証明の取得、許可後の戸籍手続きなど様々な手続きがあります。申請後の手続きに関しましてもご不明な点がございましたらアドバイスをさせていただきます。

アクセスが大変便利

事務所は大崎と、北品川の2つ。駅からも近くアクセスが大変便利です。

業務内容と料金

帰化申請ご依頼手続きの流れ

1.帰化申請の無料相談

お客様ご自身で住居を管轄する法務局に行き、帰化申請が可能かどうかの確認を行っていただきます。法務局でのご相談内容をふまえて、申請のポイント、書類作成の注意点等をご説明いたします。

2.書類作成

お客様の個別の状況に合わせて、帰化申請の許可の可能性が最も高くなると思われる書類を作成していきます。

3.法務局への申請ご同行

作成した書類をもとに法務局で帰化申請を行います。事前に申請時の注意点をお打ち合わせさせていただいた上で万全な体制で申請に臨みます。

4.帰化許可

審査期間中(1年程度)、法務局の審査担当者と数度の面接を行います。法務局から帰化許可の連絡を受け、戸籍手続きを行い日本国籍の取得となります。

帰化申請ご依頼料金

当事務所では、帰化申請の初期相談から、帰化申請に必要な書類作成代行、お客様が作成された書類のチェック、動機書の作成など、帰化申請の様々なサポートを行っております。

サービス名 内容 料金
帰化申請 書類作成代行 書類作成代行と初回申請時にご同伴いたします。 220,000円(税別)~
書類チェック お客様が作成された書類のチェックを行います。 150,000円(税別)~
理由書作成動機書作成 動機書、理由書のみの作成いたします。 50,000円(税別)~
  • ※正確な費用につきましては、ご依頼時にお見積もり金額としてお伝えいたします。
  • ※手数料や郵便料金、登録免許税等の実費は、上記料金(報酬)には含まれておりませんので、別途、依頼者にご負担いただくことになります。
  • ※行政書士業務以外の業務については、それぞれの業務の専門家(司法書士、税理士等)が担当させていただきます。それらの業務がある場合は、あらかじめご説明致します。

行政書士田村通彦事務所にご相談ください!

日本で本人に代わってVISAを申請できるのは行政書士、弁護士のうち入国管理局に申請取次者として登録されている者だけです。VISAに関することはいい加減な申請をすると不許可となり、再申請は大変困難になります。帰化申請のことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談下さい。

初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

電話番号
03-3493-7006
受付時間
10時〜18時(時間外対応可能です!)
このページの先頭へ

東京都品川区北品川2-8-3 03-3458-3508

行政書士田村通彦事務所は東京を中心に様々な専門家と連帯し法務サービスを提供します。